これぞジャグラースピーカー!

ジャグラースピーカー

「サイモン・セッズ」というゲームがある。サイモン役の命令にしたがって、色々な行動をするもので、ジャグリングの集まりでもよく行われているものである。

ジャグリングの技、例えば「サイモンセッズ”ミルズメス”」と言われたらミルズメスをしなくてはならないし、「サイモンセッズ”バッククロス”」と言われたらバッククロスをしなくてはならない。サイモンの命令には従わなくてはならないのだ。

言われたことをやる。これはあれだ、もうAIスピーカーと同じだろう。「hey」とか「OK」とか話しかけて「電気をつけて」といえば電気をつけてくれるのだ。やってることがサイモンセッズではないか。

これぞ新型スピーカー、ジャグラースピーカーの誕生である。

Created by : Juggler JiNe

ジャグリングをしながらルービックキューブを揃える3つの方法

howtosolverubixcubeshilejuggling

ルービックキューブというものがある。3×3×3のキューブを動かして色をそろえるパズルだ。子どものころに挑戦してまったく歯が立たず心が折れたが、大人になってから改めてやってみると面白い。解き方を覚えれば誰でも解ける。

ジャグリングというものがある。3つのボールを投げ続けるパフォーマンスだ。コツをつかめば誰でも出来る。

以上のことからルービックキューブの解き方を覚えてジャグリングのコツをつかめばジャグリングをしながらルービックキューブを解くことが出来る、という事になる。

以前I can juggle anything!で2×2×2のルービックキューブを1個使ったが、今回は3×3×3のキューブを3個、つまり3×3×3×3である。

I can juggle anithing!|なんでもジャグリング

 

ちなみに私はルービックキューブを普通に解いた場合40秒くらいかかる。スピードキューブの世界では10秒かからず解く人も多いという。恐ろしい。今回ジャグリングの世界にいる私がルービックキューブに興味を持ったが、ルービックキューブの世界にいる人にジャグリングに興味を持ってもらえたら非常に嬉しい。

最後に一つだけ。ジョークが分からない人は見ない方がいいかもしれない。

ジャグリングのカスケードもルービックキューブを揃えるのも難しいと思っている人も多いかも知れない。しかしどちらも基礎はごく単純で簡単なのだ。気軽に試してみてほしい。

ではよいスピードキューブライフ&ジャグリングライフを。

Created by : Juggler JiNe
Music : Rock Dubstep
https://soundcloud.com/royalty-free-music-soundotcom

オーバーヘッド&ヘッドロール

オーバーヘッドカスケード

STEP1:オーバーヘッドカスケード☆☆☆
STEP2:オーバーヘッドカスケード(片手)☆☆☆☆
STEP3:ヘッドロール☆☆☆
STEP4:ヘッドロール連続☆☆☆☆☆
STEP4:ヘッドロール(後ろでキャッチ)☆☆☆☆
STEP5:オーバーフェイスカスケード☆☆☆

オーバーヘッドカスケードは頭の上で行うカスケードである。腕の動きが通常のカスケードと違うだけで、リズムや投げ方はカスケードと全く同じ。ボールは顔に当たっても痛くないのでどんどん練習していこう(ただしメガネやサングラスは外そう、動画は悪い例だ)

ヘッドロールはボールを頭の上を転がす技。ボールを頭に乗せた方の手で次のボールをクローキャッチすると動きがスムーズになりやりやすい。
ただし自分からは頭の上のボールは見えないので(当たり前だが)頭の感覚でボールがどこに転がってくるかを予測する必要がある。練習すればボールを乗せる位置と頭の動きである程度ボールが落ちる位置をコントロールすることもできる。

連続でやる場合は難易度がはね上がる。クローキャッチもスムーズにできないと難しい。
ヘッドロールの転がす場所をコントロールすれば背面側でキャッチすることもできる。頭を微妙に動かしてボールがどこに転がるのかを判断する必要がある。

オーバーフェイスカスケードは寝転がってオーバーヘッドカスケードをやるだけ。

キックアップのやり方

キックアップ

STEP1:キックアップ☆☆☆
STEP2:ジャンピングアップ☆☆☆☆
STEP3:ストール&キックアップ☆☆☆☆☆

キックアップとは足でボールを蹴り上げる動きである。地面に落ちているボールを足で拾い上げることができる。ボールを乗せる足は利き足を使うとやりやすいだろう。映像では靴を履いているが素足の方がボールを乗せやすい。足の指を上に曲げてボールを乗せるスペースを作る感じだ。

練習中にボールを落としてしまってもかがんで拾うことなくボールを手に戻せるので練習も楽になるし、演技にも使えるため軽くできるようにしておくと非常に便利である。ちなみにストール&キックアップは普通のボールより柔らかめのボールかロシアンボール(重心が下にあるボール)を使うとやりやすい。

ではよいキックアップライフを。

ミルズメス系の技の投げ方

ミルズメス

STEP1:ミルズメス☆☆☆☆☆
STEP2:531ミルズメス☆☆☆☆☆☆☆
STEP3:441ミルズメス☆☆☆☆☆☆☆
STEP4:ウィンドミル☆☆☆☆☆
STEP5:ウィンドミル(逆向き)☆☆☆☆☆
STEP6:バークスバラージ☆☆☆☆☆
STEP7:3ボールコラム☆☆☆☆☆

ジャグリングの練習をしていくうち、最初に当たる壁になる人も多いミルズメス。腕をクロスさせながら投げる技で、複雑に感じるだろう。しかし投げるリズムはカスケードと同じなので、腕の動きと投げる方向さえ身に着けてしまえばきっとできることだろう。通常のスローに加えて1/4スローの動画もあるので、ゆっくり動きを見て覚えてほしい。

なお、ミルズメスを覚えた後はウィンドミルとバークスバラージを覚えることをお勧めする。好みの問題もあるが531ミルズメスなどは後回しでいいだろう。ミルズメス系の技はこの動画以外にもたくさんあるので、練習していくうちにいろいろ身に着けておくと便利である。

色々なジャグリングキャッチ

ペンギンキャッチ

STEP1:クローキャッチ☆
STEP2:クローキャッチ連続(右手)☆☆
STEP3:クローキャッチ連続(左手)☆☆
STEP4:クローキャッチ連続(両手)☆☆☆
STEP5:ペンギンキャッチ☆☆☆☆
STEP6:ペンギンキャッチ(交互)☆☆☆☆☆
STEP7:ペンギンキャッチ連続(両手)☆☆☆☆☆☆
STEP8:バックハンドキャッチ(手の甲)☆☆☆
STEP9:バックハンドキャッチ連続(片手)☆☆☆
STEP10:バックハンドキャッチ連続(両手)☆☆☆☆☆☆
STEP11:ボディバウンス(手の甲)☆☆
STEP12:ボディバウンス連続☆☆☆
STEP13:ボディバウンス連続(手の甲&肘)☆☆☆☆

一つ一つは地味だが、キャッチの種類を覚えておくことで表現が広がるはずだ。カスケードだけでなく様々な技と組み合わせてみるといい。動画のように最初は片手で一回ずつ練習して、慣れてきたら連続でやってみよう。クローキャッチはボールを上からつかんでそのまままた上に投げる練習をボール一つでやってみるのもいいかもしれない。ペンギンキャッチを両手連続でやるとスゴイというよりは動きが少しキモいとの感想もあるので、披露する際にはご注意を。どうでもいいがWordpressのpluginがpenguinに見えてしまった。

ではよいペンギンキャッチライフを。

3ボールサイトスワップ(色々な投げ方)

3ボールサイトスワップ

収録技一覧3,522,423,441,531,51,7131,51252,504,44403,50505,55500, and 711.
サイトスワップとはジャグリングの投げ方を数字で表したものである。詳しい解説はこちらのサイトなどをみてもらった方がいいだろう。ジャグリング中級者を目指すなら理解は必須だ。

一般にサイトスワップの数字が大きくなれば技の難易度はあがると思っていい。収録技一覧の中でいえば423は簡単な技で711は難しめの技である。
また、すべての技を一度に覚える必要はない。特に50505や711は難しい。自分が投げたいと思った投げ方を練習していこう。

難易度
3:☆
522:☆
423:☆
441:☆☆
531:☆☆☆
51:☆☆
7131:☆☆
51252:☆☆
504:☆☆☆☆☆
44403:☆☆☆
50505:☆☆☆☆☆☆
55500:☆☆
711:☆☆☆☆☆☆☆☆

ではよいサイトスワップライフを。

ツーインワンハンド(片手で二個)

ツーインワンハンド

STEP1:ツーインワンハンド(片手で二個のジャグリング)☆
*内側回しで円を描くように投げる。前後にぶれないように。
STEP2:逆の手でツーインワンハンド☆
STEP3:コラム*ボールが上下の軌道を描くように。☆☆
STEP4:コラムに合わせて逆の手を上下するだけで技っぽい☆☆
STEP5:ワンアップツーアップ*一個二個一個二個と投げる☆☆
STEP6:ワンアップツーアップの変則バージョン☆☆☆
STEP7:ワンアップツーアップの変則バージョン2☆☆☆

片手で二個投げるパターンの技も数多くある。基本のツーインワンハンドからそれを利用したカッコイイ技までを紹介。この技術も身につけておくと応用が利くのでマスターしておくと便利だ。

ではよい片手で2個ボールを投げるライフを。