オーバーヘッド&ヘッドロール

オーバーヘッドカスケード

STEP1:オーバーヘッドカスケード☆☆☆
STEP2:オーバーヘッドカスケード(片手)☆☆☆☆
STEP3:ヘッドロール☆☆☆
STEP4:ヘッドロール連続☆☆☆☆☆
STEP4:ヘッドロール(後ろでキャッチ)☆☆☆☆
STEP5:オーバーフェイスカスケード☆☆☆

オーバーヘッドカスケードは頭の上で行うカスケードである。腕の動きが通常のカスケードと違うだけで、リズムや投げ方はカスケードと全く同じ。ボールは顔に当たっても痛くないのでどんどん練習していこう(ただしメガネやサングラスは外そう、動画は悪い例だ)

ヘッドロールはボールを頭の上を転がす技。ボールを頭に乗せた方の手で次のボールをクローキャッチすると動きがスムーズになりやりやすい。
ただし自分からは頭の上のボールは見えないので(当たり前だが)頭の感覚でボールがどこに転がってくるかを予測する必要がある。練習すればボールを乗せる位置と頭の動きである程度ボールが落ちる位置をコントロールすることもできる。

連続でやる場合は難易度がはね上がる。クローキャッチもスムーズにできないと難しい。
ヘッドロールの転がす場所をコントロールすれば背面側でキャッチすることもできる。頭を微妙に動かしてボールがどこに転がるのかを判断する必要がある。

オーバーフェイスカスケードは寝転がってオーバーヘッドカスケードをやるだけ。

色々なジャグリングキャッチ

ペンギンキャッチ

STEP1:クローキャッチ☆
STEP2:クローキャッチ連続(右手)☆☆
STEP3:クローキャッチ連続(左手)☆☆
STEP4:クローキャッチ連続(両手)☆☆☆
STEP5:ペンギンキャッチ☆☆☆☆
STEP6:ペンギンキャッチ(交互)☆☆☆☆☆
STEP7:ペンギンキャッチ連続(両手)☆☆☆☆☆☆
STEP8:バックハンドキャッチ(手の甲)☆☆☆
STEP9:バックハンドキャッチ連続(片手)☆☆☆
STEP10:バックハンドキャッチ連続(両手)☆☆☆☆☆☆
STEP11:ボディバウンス(手の甲)☆☆
STEP12:ボディバウンス連続☆☆☆
STEP13:ボディバウンス連続(手の甲&肘)☆☆☆☆

一つ一つは地味だが、キャッチの種類を覚えておくことで表現が広がるはずだ。カスケードだけでなく様々な技と組み合わせてみるといい。動画のように最初は片手で一回ずつ練習して、慣れてきたら連続でやってみよう。クローキャッチはボールを上からつかんでそのまままた上に投げる練習をボール一つでやってみるのもいいかもしれない。ペンギンキャッチを両手連続でやるとスゴイというよりは動きが少しキモいとの感想もあるので、披露する際にはご注意を。どうでもいいがWordpressのpluginがpenguinに見えてしまった。

ではよいペンギンキャッチライフを。