クラブジャグリングの回転・前後の直し方

クラブジャグリング

クラブジャグリングを練習していると前後を逆にキャッチしてしまうことがある。そうなったら、クラブの回転数を調節して、もとに戻さなくてはならない。方法はいくつかあるので、紹介する。なお、映像ではストライプ柄のクラブに注目してほしい。

1.利き手側で1.5回転させて直す

おそらくこれが最も簡単だろう。逆側をキャッチしてしまったら、とりあえず利き手側に1回転で渡す。その後、1.5回転させて、クラブの前後を直す。

2.利き手側で0.5回転させて直す

利き手側に1回転で渡した後、0.5回転でクラブの前後を直す。1.5回転との違いはなんだ、と言われると特に違いはないが、0.5回転の方が加える力が少なくて済むので、楽だというメリットがある。

3.逆をつかんだ側で1.5回転して直す

いちいち利き手に渡さずとも、そのまま1.5回転させて直す。

4.逆をつかんだ側で0.5回転させて直す

3同様、直接0.5回転させて直す

5.手の中で半回転させて前後を直す

Switchと表現している部分。手の中でクラブを半回転させる。スイッチは一瞬で済むので、時間はほとんどかからない。ただ、カスケードのリズム以外の操作となるので、慣れないうちは「間に合わない!」と感じてしまうことも多いだろう。

おまけ1.連続スイッチ

クラブの回転をマスターすると、こんな技もできる、という紹介。1.5回転+スイッチを交互に行う。見た目は結構カッコイイ。

おまけ2.連続タップ

かなり難しいが、0.5回転+クラブをトン、とタップし前後をもとに戻す。これを連続で行うと、映像のような技になる。個人的にお気に入り。

クラブの練習で、前後が入れ替わってあたふたしてしまう経験は、ジャグリングをやる人は誰でも経験がある。そこから、さまざまな回転の戻し方を覚え、より上達していくのだ。回転を制する者はクラブを制す。

ではよいクラブジャグリング回転ライフを。

Created by : Juggler JiNe
Music : Club / Andrew Huang

ジャグリング・ダイエット

みな、ダイエットに夢中だ。世の中には○○ダイエットというものが、すでにあふれている。それは食べ物系だったり運動系だったり様々だが、今回私は新たなダイエット、「ジャグリング・ダイエット」を提唱したい。

というのも、先日手に入れた「スマートウォッチ」

をつけたままジャグリングを練習していると、思いのほか燃焼カロリーが高くなっていることに気が付いたからだ。

そこで、実験として15分走ったときの消費カロリーと、15分ジャグリングの練習をしたときの消費カロリーを比べてみた。なぜ15分かって?ジャグリングはいくらでも練習できるが、走るのは15分が限界だからだ。

20分走る

ハムスターのごとく同じところをグルグル。

step cal

1883歩、97kcal

次に15分、普段通りジャグリングの練習をする。一応、効果的なジャグリング・ダイエットの方法を動画にしておいたので、興味がある人は見てほしい。

Misic : Operatic_3 / Vibe Mountain

3流ダイエット番組のようだが、私はダイエットの専門家ではないので軽く流してもらいたい。

さて結果は

ジャグリングの歩数

ジャグリングの消費カロリー

1957歩、100kcal

ランニング:97kcal
ジャグリング:100kcal

ということでジャグリングの方が消費カロリーが多い!

やはりジャグリングの運動効果は高いようだ…

え?スマートウォッチを腕に着けててそれを振り回してれば歩数が増えるのは当たり前だろ、だって?

ハハハ、今どきのスマートウォッチが、そんな昔の歩数計みたいな方法で歩数やカロリーをカウントしているわけがないだろう?きっと思いもよらぬハイテク技術で消費カロリーを計算しているに違いないっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冗談はさておき、ジャグリングは思いのほか体力や筋力を使うのだ。仕事柄、ジャグリングを教える機会は多いが、「思ったより疲れる!」「腕が筋肉痛に…!」という声はよく聞く。

運動にもなり頭も使う。ジャグリングは間違いなく健康にはいい。その認識が広がったら、2040年くらいのオリンピックでは、ジャグリングが競技に入っているかもしれない。もしそうなったら出場しよう。50歳超えてるけど。

これぞジャグラースピーカー!

ジャグラースピーカー

「サイモン・セッズ」というゲームがある。サイモン役の命令にしたがって、色々な行動をするもので、ジャグリングの集まりでもよく行われているものである。

ジャグリングの技、例えば「サイモンセッズ”ミルズメス”」と言われたらミルズメスをしなくてはならないし、「サイモンセッズ”バッククロス”」と言われたらバッククロスをしなくてはならない。サイモンの命令には従わなくてはならないのだ。

言われたことをやる。これはあれだ、もうAIスピーカーと同じだろう。「hey」とか「OK」とか話しかけて「電気をつけて」といえば電気をつけてくれるのだ。やってることがサイモンセッズではないか。

これぞ新型スピーカー、ジャグラースピーカーの誕生である。

Created by : Juggler JiNe

JQRT Trailer.

jqrttrailer

人はみな、勝負事が好きだ。スポーツやゲームに限らず、テストの点数を競い合ったり、事あるごとにジャンケンで勝負をしたりしている。勝負事は人を熱くさせるのだ。

しかしジャグリングに勝負事の要素はない。エンターテインメントの要素はあっても、そこに勝ち負けは存在しない。せいぜい、いくつかの小さな大会があるくらいだ。しかもそこにだってジャグラーしかいないし一般の人は来ない。

そこで今回、ジャグリングに勝負の世界を持たせるべく、トーナメントを立ち上げた。トーナメントは最も分かりやすい勝負の一つだろう。強いものが勝って、次の戦いへ進んでいく。

ただし全員が同じような道具を使うと、ジャグリングを知らない人は「みんなやってること同じじゃね?」と思う可能性があるので、今回は各自メイン道具+サブ道具の2種類しか使えないルールにした。

しかしトーナメントすべてを見るのはとても時間がかかる。そこでベスト4まで短縮し、さらにそこから予告編を作った。これにより動画の時間が2分弱まで短縮。削減に次ぐ削減。ものすごいエコだ。

勝者にはみんな大好きなあれが渡される。

Created by : Juggler JiNe
Music : Adventure Island  – Royalty Free Music

ジャグリングをしながらルービックキューブを揃える3つの方法

howtosolverubixcubeshilejuggling

ルービックキューブというものがある。3×3×3のキューブを動かして色をそろえるパズルだ。子どものころに挑戦してまったく歯が立たず心が折れたが、大人になってから改めてやってみると面白い。解き方を覚えれば誰でも解ける。

ジャグリングというものがある。3つのボールを投げ続けるパフォーマンスだ。コツをつかめば誰でも出来る。

以上のことからルービックキューブの解き方を覚えてジャグリングのコツをつかめばジャグリングをしながらルービックキューブを解くことが出来る、という事になる。

以前I can juggle anything!で2×2×2のルービックキューブを1個使ったが、今回は3×3×3のキューブを3個、つまり3×3×3×3である。

I can juggle anithing!|なんでもジャグリング

 

ちなみに私はルービックキューブを普通に解いた場合40秒くらいかかる。スピードキューブの世界では10秒かからず解く人も多いという。恐ろしい。今回ジャグリングの世界にいる私がルービックキューブに興味を持ったが、ルービックキューブの世界にいる人にジャグリングに興味を持ってもらえたら非常に嬉しい。

最後に一つだけ。ジョークが分からない人は見ない方がいいかもしれない。

ジャグリングのカスケードもルービックキューブを揃えるのも難しいと思っている人も多いかも知れない。しかしどちらも基礎はごく単純で簡単なのだ。気軽に試してみてほしい。

ではよいスピードキューブライフ&ジャグリングライフを。

Created by : Juggler JiNe
Music : Rock Dubstep
https://soundcloud.com/royalty-free-music-soundotcom

一人でパッシングをする方法

lonelypassing

二人で向き合って道具を投げあうジャグリングをパッシングという。当然二人いなければパッシングは出来ない。しかし私の周りにはジャグリングが出来る友人がいない。つまり私はパッシングが出来ない。

しかしパッシングをやってみたい。そう思っている私と同じ境遇の人もいるだろう。そこで私が考えた”一人でパッシングをする方法”を紹介しようと思う。

Lonely Juggler can perform “PASSING” from Juggler JiNe on Vimeo.

思ってたのと違う!というバッシングはやめてほしい。もしそう思った人がいるなら是非私とパッシングしよう。それでミッシングはなくなり問題ナッシング。
と何を言っているのかわからなくなってきたところで終わりにしよう。ではよいパッシングライフを。

Created by Juggler JiNe
THANKS:) Ryota,Jun7

クラブジャグリングの基本の投げ方

3クラブカスケード


トスジャグリングの道具の中でも「これぞジャグリング」という道具がクラブである。よくボーリングのピン?と聞かれるが別物である。

ボールとは全く違うその形状から、回転を活かした投げ方をしたり手のうえでクルクル回したりと非常に多くの動きがある。見栄えも非常にいいので見ていて飽きないし、投げている方も面白い。私もクラブが最も好きな道具である。

いつ頃から練習できるのか

動き自体は3ボールカスケードと全く同じなので、理論上は3ボールカスケードカスケードが出来れば3クラブカスケードも出来る。しかしクラブは力加減が非常に難しいので、ある程度ボールジャグリングが出来るようになってからクラブに挑戦した方がいいだろう。

具体的には4ボールファウンテンがきれいに出来るようになるころには3クラブに手を出しても問題ないと思う。もちろん好みや個人差もあるから一概には言えないが、クラブをやろうかやらないか迷っている人は参考にしてほしい。

4ボールファウンテンの投げ方

練習方法

基本的には動画通りの流れで練習すればいい。クラブは必ず一回転で投げる。なので3ボールを練習した時と同じように、1本、2本、3本と本数を徐々に増やしていこう。

3本の時は片手に2本のクラブを持ち、最初の一投を投げるのだが結構投げにくく感じると思う。動画のように1投目に投げるクラブの先端が2投目に投げるクラブの下にくるように持つと投げやすい。

そして片手で2本目のクラブを取る練習もしておこう。取った後の形が投げるときの形と全く同じになるように取ればいい。

そして3キャッチ、4キャッチ、5キャッチ…とあとは回数を増やしていくだけである。では素敵なジャグリングライフを。

5ボールカスケードの投げ方

5ボールカスケード

STEP1:持ち方
STEP2:最初の一投
STEP3:5ボールフラッシュ☆☆☆☆☆☆☆
STEP4:5ボールカスケード☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ジャグラーの視点
天井の高さ

まず、3ボールの技55500や50505

3ボールサイトスワップ(色々な投げ方)

および

4ボールの技5551や55550

4ボールサイトスワップ

は5ボールカスケードの非常にいい練習になる。先にそちらがある程度できるようになってから5ボールカスケードを練習すると効率がいい。

5ボールカスケードはジャグリングをやる人にとって大きな壁となって立ちはだかる。ジャグリングを何年かやっていてもできない人も多いくらいなので、それなりの時間を取って気合を入れて練習する必要がある。5ボールを投げるジャグラーは簡単そうに投げているように見えるが、最初はみな苦労したのである。

利き手に3個、逆の手に2個持つ。3個持っている手(今後右手とする)の中指側のボールが1投目。逆の手(左手)の人差し指側のボールが2投目。右手の人差し指側が3投目。左手の手のひら側が4投目。右手の手のひら側が5投目である。

最初の一投はここまで使ったことのない投げ方だろう。最初は思ったところに投げづらいと思うので、1投目だけの練習もしておく。

1投目がある程度思う通りに投げれるようになったら5ボールフラッシュの練習だ。フラッシュとは一度全部のボールを投げ切って全部キャッチする技のこと。つまり5個のボールを一回ずつリズムよく投げる必要がある。トントントントントン、と気持ちいいリズムで投げる。ボールは3ボールカスケードと同じようにボールの内側からスローする。5ボールフラッシュが出来るようになるまではカスケードを続けようと思わなくていい。まずは最初をしっかり投げ切ることが非常に大切なのだ。

5ボールフラッシュがある程度きれいにできるようになったら次は7キャッチを目指す。ボールを7回投げて取る。それが出来たらあとは続くように練習するだけだ。

カスケードをつづける際ボールの動きに目が行きがちだが、腕の動きに注目してほしい。外側で取ったボールを腕を回して円を描くように内側に入れているように見えるだろうか。この動きをストロークという。4ボールファウンテンでも同じような動きが見えると思うが、5ボールカスケードでもやはりこのストロークが非常に大切だ。なかなか思うようにいかないな…と思う人はストロークの動きを意識するといい。少し極端なくらいストロークを大きくすると、投げやすく感じるかもしれない。

天井の高い場所、または屋外で練習するのが一番だが、天井の高さが2m50cmほどあれば通常の高さのカスケードは投げることができる。だが練習段階では天井にボールが当たってしまうと思うので、膝をついて練習するかおとなしく体育館や外へいこう。

難易度は高いが、これが出来たら立派なジャグラーである。楽しみながら練習してほしい。
では素敵なジャグリングライフを。